日本の規制値の緩さは世界最高、危険な可能性は予防すべき

執筆者:荻野晃也

MDK150325o電磁波問題は1980年頃まではレーダーなどの高周波・電磁波が中心でしたが、「配電線からの電磁波(この場合は磁界)被曝によって小児白血病が2.98倍に増加している」とのワルトハイマー論文(米国・1979年3月)が発表されたことが極低周波・問題のきっかけでした。

丁度、米国・スリーマイル島原発事故と同じ月の発表だったこともあり、話題になることは少なかったのでした。それ以来、私は送電線・配電線・変電所と小児白血病との関係論文・報告書などをこまめに集めていて、現在までに何と84件もの文献があり、その多くは1.5倍以上の増加率を含んでいるのですが、問題なのは「その原因のメカニズム」が今なおハッキリしていないことです。

それでも世界保健機関WHOの関連機関である国際がん研究機構IARCは2001年に極低周波・磁界に対して「発がんの可能性あり:2B」に指定をしたこともあり、EU諸国などを中心にして、被曝低減対策が行われるようになったのですが、残念ながら日本では2011年3月11日の福島原発事故の直後の3月末に、50/60Hz低周波で世界最高の200μTの規制値を決定して、すぐにリニア中央新幹線の建設認可をしたのでした。 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「守る会」の新体制についての告知

会員のみな様
このたび新しい運営委員が決まりました。

現在の運営委員のうち、加藤やすこと竹内恵子は辞任し、荻野晃也  、黒薮哲哉、古本公蔵はそのまま運営委員を続けることになりました。

次期の運営委員は次の方々です。

 荻野晃也  
黒薮哲哉  
古本公蔵

 各運営委員の役割分担については、近々の発表します。

運営委員一同

カテゴリー: 未分類 | コメントする

 「福島原発事故による周辺生物への影響に関する専門研究会」報告書について

執筆者:荻野晃也

MDK150325o福島原発事故による環境影響は、「全国ネット」の皆さんの関心の高い問題のひとつだろうと思います。小生は1979年の米国・スリーマイル島原発事故や、1986年のソ連・チェルノブイリ原発事故に関して、ご存知の方は少ないとは思いますが、現地調査に行ったこともあります。

原発事故では色々な放射性物質が問題になりますが、福島原発事故で最も心配されているのが「セシウム137」という放射性物質であり、特にそれから放射されてくるガンマ線の危険性が問題になっています。「全国ネット」の皆さんは「ガンマ線も電磁波の仲間だ」と言うことは良くご存知でしょうが、一般に「ガンマ線も電磁波だ」と言うことはあまり知られてはいません。その話をすると驚かれることを小生は経験しています。

mdk160307k2014年夏に京都大学原子炉実験所で「福島原発事故による周辺生物への影響に関する勉強会」が開催され、2015年夏には正式な「専門研究会」が開催されました。小生は最初の勉強会から出席していたのですが、以前から「放射能(線)と電磁波の影響」の類似性に関心を寄せていたからです。

電離放射線(つまり放射線)と非電離放射線(いわゆる電磁波)の「類似性と相違性」は防護指針との関連もあり、とても重要な問題で2014年には国際会議も開催されているのですが、その内容はどうも公開されていない様です。 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

電磁波被曝による「精子・精巣などへの影響」に関する論文

■電磁波環境研究所

電磁波被曝による「精子・精巣などへの影響」に関する論文は、送電線や電化製品からの極低周波被曝で31件、携帯電話などの高周波被曝では114件もあり、その多くは悪影響を指摘していて、「発ガン」と共に関心の高い問題の1つです。

それらの研究にはラットやマウスなどの動物を対象にした研究が多いのですが、「人の精子」を対象にしたり、極低周波被曝と高周波被曝とを比較するなどの研究も現れてきていますので、「最近の話題から」としてその様な研究を簡単に紹介することにしました。 続きを読む

カテゴリー: 最新の研究から | コメントする

「電磁波」被曝による発ガン影響

■電磁波環境研究所

電離放射線を含む「電磁波」被曝による発ガン影響に関しては、以前から多数の研究報告があります。弱い被曝で悪影響が「存在する」とした場合に、その作用が「プロモーター」なのか、「イニシエーター」なのかが問題になっていました。

前者は「ガンを補助・成長する促進作用を担う役割を持つ場合」であり、後者は「DNAなどに傷を付けて直接的にガンの原因となる場合」です。広島や長崎の被曝者の発ガンに関してもこの問題は重要テーマなのですが、電磁波問題でも同様に指摘されていて1990年前後から色々な研究が行われてきました。 続きを読む

カテゴリー: 最新の研究から | コメントする

東京都世田谷区でNTTドコモの基地局設置をめぐるトラブル、母親らがマイクロ波の人体影響を懸念

■黒薮哲哉

東京都世田谷区でNTTドコモの携帯電話基地局の設置をめぐり、同社と住民の間にトラブルが発生している。

基地局の設置が予定されているのは、世田谷区奥沢2丁目11番13号にあるマンションの屋上。工事を担当する会社が「工事のお知らせ」と題するチラシを配布したところ、子どもを持つ母親らから工事の中止を求める声があがった。

工事は4月22日から6月30日までの予定で行われる。現時点では、基地局の設置までには至っていないが、このまま工事が進められた場合、トラブルが拡大する可能性もある。 続きを読む

カテゴリー: 携帯基地局 | コメントする

「電磁波からいのちを守る全国ネット」が東京集会を開催

スマホや無線PCが普及して電磁波問題が深刻になる状況のもと、「電磁波からいのちを守る全国ネット」(荻野晃也代表)は、5月16日に、東京で「身近に潜む電磁波のリスクを考える-LED、スマホ、リニア・・・」と題する講演会とシンポジウムを開く。詳細は次の通りでである。

日時:5月16日(土曜日) 13:00開場~16:30終了

場所:板橋区立グリーンホール
〒173-0015
東京都板橋区栄町36-1(最寄り駅:東武東上線・大山駅、都営地下鉄三田線・板橋区役所前駅)

カテゴリー: 行事・講演の案内 | コメントする