WRC-19で66~71GHz帯を5G向けに割り当て、段階的に強くなる電磁波エネルギー

66~71GHzの周波数帯は「第三世代」でよく使われた2GHzぐらいのレベルに比較して33倍~35倍強いエネルギーになる。被曝する側はたまったものではない。エネルギーが強ければ強いほど人体に有害という絶対的な確証はないが、高いリスクがあることは疑いない。

 出典:フジクラ、5G向け新周波数帯でフィールド実験

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です