イージス・アショア「秋田で見直し、山口は計画通り」の大きな矛盾

イージス・アショアの電磁波問題も5Gと同様に深刻だ。「弾道ミサイルに対処する地対空迎撃システム「イージス・アショア」の秋田市の新屋演習場への配備について、防衛省が配備を断念し、秋田県内で他の候補地の選定に入った。読売新聞や共同通信、NHKなどが6日、報じた。「地元の反対」が断念の理由という」。出典は、「現代ビジネス」。

■記事の全文

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です