28GHz帯を用いロケットの推力をワイヤレス給電

マイクロ波を利用したロケット開発が始まっている。将来、軍事産業へ転用される可能性もある。筑波大学が「電子レンジの約500倍に相当する250kWの出力で、ロケットの推力を生成」することに成功した。ニュースの出典はEETime Japan:

■記事の全文

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です