電磁波からいのちを守る全国ネットが5G学習会、全国から100名が参加

 電磁波からいのちを守る全国ネットは、22日の午後7時から、電磁波問題の学習会をZoomを使って開催した。講師は、環境ジャーナリストの加藤やすこ氏。加藤氏は、5Gで使われる電波や新技術の安全性がまだ立証されていないことや、現在の日本の電波防護指針が最新の研究成果を反映しない古いデータを基に作成されていることなど、電磁波問題の基本を説明した。海外の状況も紹介した。

質疑応答には60分を超える時間を割き、電磁波の安全性の問題から条例制定に関することまでさまざまな質問が寄せられた。

インターネットを使った学習会は、「全国ネット」としてはじめての試みである。地域の壁を越えた全国レベルの情報交換が実現した。

ただ、参加希望者が100名を超え、定員をオーバーしたために、数名の人が参加できなかった。

全国ネットのメーリングリストに参加を希望する読者は、本ウエブサイトの「問い合わせ」から申し込める。登録条件に制限が少ない代わりに、「ネット荒らし」などが発生した場合は、管理者の権限で対処できる規則になっている。料金は発生しない。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です